スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

俺を呼ぶ声。


「しょーたぁー!」


誰かが俺の名前を叫んでる。


ずいぶん遠いな。





「しょーたぁー!!」


また俺の名前を叫んでる。


遠すぎでしょ。





「しょーたぁー!!!」


3回目。


さすがに俺も振り向いて手を振って答えた。





「しょーたぁー!!!!」


またかよっ。


何かあったのか?





よく見ると「こっちへ来い」のジェスチャーをしている少年。



遠いし、俺が行きたい方向とは逆だし、行くのめんどうだなぁ。



そこで、「お前がこっちへ来い」のジェスチャーをし返す俺。






そんな俺を見て、




「お前何してるんだ?」と通りがかりのおじちゃん。


「あの子を呼んでるんだよ。」と俺。


「どの子だよ。」とおじちゃん。


「あの子だよ。ほら、あそこに立ってる子。」と俺。


「どこだ?見えないぞ。」とおじちゃん。



そのくらい俺と少年の距離は遠い。






そして始まった、




「こっちへ来い」



「お前がこっちへ来い」





のジェスチャー対決。





暑いし、行きたい方向とは逆だし、遠いし、


絶対負けられない。





試合時間約5秒。



決着つかず。



延長戦約3秒。





負けた。





スコア99-98。





接戦だった。





仕方なく少年の元へ向かうことに。





どうしたんだろう。





「よっ!どうした?」






そして、少年は言った。





「しょうた。どうした?何してるの?」





いやっ!


お前がどうした!?





何で俺を呼んだのさ。





「俺は今家に帰るところだよ。」




って聞いてねぇ。すでに違う事に夢中になってる。








そんなこんなで。


家から一歩外へ出ると、


どこからともなく聞こえてくる、





「しょうたー!」





という俺を呼ぶ声。





時にそれは、




「そうたー!」




となり、




「ちょうたー!」




となり、




最終的には奥さま方が俺の名前について言い争う。




「あいつの名前はちょーただ」とか。


「あいつの名前はそーただ」とか。




いやいや、俺の名前は「しょーた」です。




どうやらこの国の人たちには、


「しょ」、つまり

「SHO」、という発音が難しいみたいです。





まっ、この際。



「そーた」でも、


「ちょーた」でも、






何でもいっか。







今日も島に響く「俺を呼ぶ声」。





辛い時や、

寂しい時。



へこんでる時や、

もう駄目だと思う時。




そんな時に助けてくれるのが、「俺を呼ぶ声」。








DSC_2444_convert_20091028010016.jpg

こんなカワイイ子から。



DSC_2199_convert_20091028012015.jpg

こんなインパクト抜群の子まで。





今日も色んな人に呼ばれたなぁ。。。



「ちょーた!」


「そーた!」


「しょーた!」



って。。。






















































コメントの投稿

Secret

よく呼ばれるよね

僕も一緒です。僕の場合,管轄地区全部の小学校を訪問してるから,出会う子どもの数がはんぱなく多い。街を歩いていると,いろんなところから 「ミスターケイ!」 もしくは 「ミスターキー」 っていう声が聞こえてくる。でも,彼らもとくに用事はなく,ただ呼びたいだけみたいなんだよね。
2011年ブログ訪問者数。
       
We are 青年海外協力隊!同期のブログ。
帰国カウントダウン。
FC2ブログ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。