スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本に帰ったらヒンガラーボーン。

DSC05400.jpg

先日、同期の隊員2人が任期を全うし日本へと帰国した。


現職制度という制度を利用してボランティアに参加した2人だ。
2人は4月の新学期から再び日本の学校の教壇に立つのだ。
先日空港まで行ってそんな2人のお見送りをしてきた。


俺の中の2人のイメージは「ぶっ飛んだ先生」(いい意味で)
2人に教わったモルディブの生徒たちは幸せ者だ。
そしてこれから2人に教わる日本の生徒たちも幸せ者だ。


ケヨドゥーの子どもたちは今頃寂しくて泣いているだろうな。
ワイカラドゥーの子どもたちも寂しくて泣いているだろうな。
2人の目の前の日本の子どもたちはどんな顔をしているだろう。


ここモルディブでの1年9ヵ月間本当にお疲れ様でした。
そしていつも助けてくれてありがとうございました。
本当に2人が同期であることを誇りに思います。


3ヵ月後にまた日本で会える日を楽しみにしています。
全員が帰国したら皆でぶた肉食べに行きませんか。
おいしいお酒も一緒に飲みましょう。(乾杯はクルンバで)
おつまみはヒキマスなんかいかがでしょう。(ヘディカ付き)
ついでにソフーラとハニーファも呼んじゃおう。(イッコ付き)


そしたらそこはまるで2人の愛したモルディブだ。
さぁ、海辺のホタでヒンガ・ラーボーン。





コメントの投稿

Secret

2011年ブログ訪問者数。
       
We are 青年海外協力隊!同期のブログ。
帰国カウントダウン。
FC2ブログ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。