スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

敵を倒すにはまず敵を知る。

DSC_6632.jpg

「跳び起きる」そんな言葉がピッタリな目覚めだった。


深夜2時、何やら顔に違和感を感じ跳び起きた。
俺はすぐさま部屋の電気を付け辺りを見回した。
その時俺はすでに戦闘態勢。闘う準備は万端だ。


おでこに感じたあの感触。
絶対にヤツが居る。
俺はそう確信していた。


その直後ベットの上にジッとたたずむヤツを発見。
やっぱりヤツか。俺の予想は的中だった。
それにしてもあの茶色い光沢がなんとも憎たらしい。


そう。ヤツの正体とは皆の敵「G」だ。
ちなみにGとはゴキブリの事で俺はヤツをGと呼ぶのだ。
よりによってGが俺のおでこに触れるとは。
なんとも卑怯な手を使いやがって。


思い返せば俺とGの戦いが始まったのは1年ほど前だった。
この家に住み始めた当初、この家はGの溜まり場だったのだ。
当時は家に帰れば必ずと言っていいほどGを見かけた。
キッチン、中庭、もはやそこはGに占領されていたのだ。


そこで俺はGと闘うことを決心した。
その中で俺はGに関する貴重なデータを集めた。
まずは相手を知ることで相手を倒そうと考えたのだ。
これまで集めたそのデータの一部をここでを紹介しよう。


・全世界に約4000種のGが存在する
・最大は体長11センチ、羽を広げると20センチ
・出現は約3億年前、まさに「生きた化石」
・寿命は2ヵ月から2年
・Gの愛好家も存在し、ペットとしても親しまれる
・岡山ではGの品評会が開かれている
・食用、薬用にも用いられる
・食用の場合主な調理方法は油揚げ
・1日のうちの4時間は餌を探し動き回る
・残りの20時間は休憩もしくは触角の掃除を行う
・御器(食器)をかぶる(かじる)ことからゴキブリ
・たまに鳴くことがある
・たまに噛みつくことがある
・意外とキレイ好き
・足を切断しても再生可能
・頭を分離しても再生可能
・油で身を守っている
・主な餌は水や髪の毛やホコリなど
・共食いをすることもある
・何も食べなくても1週間は生きれる
・自分が飛べると思うと飛ぶようになる


以上、これが俺が手に入れたデータの一部である。
他にもまだまだあるがここで公開することはできない。
俺はこれらのデータを分析しG撃退に努めたのである。


こうやって調べてみると以外な効果もあることが分かった。
それは「Gってそんな悪いやつじゃないじゃん」
というように俺の中のGに対する敵対心が薄れてきたのだ。


それでもいざGを目の前にするとビビってしまう。
Gに対する究極の対処方法は「Gとの共存」だ。
しかしGと共存していくというのは実質難しい。


やはり全てのGを抹殺したい。
そしてこの家のGを全滅させたい。
俺は心からそう思ったのだ。


そしてようやく答えは出た。
Gに対する1番の策はコンバットを置くことだ。
コンバットを置き始めてからGの数が各段に減ったのだ。


それでもまだたまにGを見かける時がある。
そんな時は即刻抹殺するのだ。抹殺の手段は問わない。
どんな手段を使ってでもGの息の根を止めるのだ。


抹殺方法に関しても俺は研究を重ねてきた。
叩き潰すのが良いとされるが、これは少し勇気がいる。
また、叩き潰した後に体液が飛び散るのも欠点である。
そこで行き着いたのが熱湯をぶっかけるという策だ。
不思議なことに熱湯をぶっかけるとGは即死するのだ。
しかし、これは屋外では有効だが室内では少し難しい。
なので、室内においてはアルコールをぶっかけるのだ。
アルコールを浴びたGは皮膚呼吸が出来なくなりやがて死ぬ。
手を消毒するようなアルコールのスプレーがあると良い。


でもGを抹殺する前にちょっと考えてみてほしい。


そのGを品評会に出してみてはどうか。
油で揚げて食べてみてはどうか。
ペットとして飼ってみてはどうか。


それでもGに殺意を感じたら。
新聞紙でも熱湯でもアルコールでも何でも使って。
彼らの息の根止めちゃおう。


さぁ、G戦争のスタートだ。



コメントの投稿

Secret

おでこ…

嫌だ嫌だ   
気持ち悪い  

一回ねカマキリが洗濯物に付いてたみたいでね
大変だったょ 

カマキリしぶといの 
お風呂の洗剤これでもかって位かけて殺した 

我が家では黒ッチと呼んでます 

愛着わいちゃった

さっき リーのスーパーゴールを見て目ん玉丸くしてして
いま ジーのウルトラなデータ見て更に丸くしました。

再生可能って・・・
髪の毛食うって・・・
飛べると思うとって・・・

写真掲載楽しみにしています。

>ゆりえ
日本の黒ッチは海を泳ぎますか?

>コロンビアじゅんじ
さすがに写真は持ってないんです。。。でも今度写真撮ろうかな。
2011年ブログ訪問者数。
       
We are 青年海外協力隊!同期のブログ。
帰国カウントダウン。
FC2ブログ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。