スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家族がモルディブにやって来た。

P1000151.jpg

気づかぬうちにだいぶ月日が経過してしまった。
そう、あれは今からちょうど1ヵ月前の事だ。


去年の年末についに俺の家族が来モしたのだ。


ちなみに誰かがモルディブに来る事を来モと言う。
そして誰かがモルディブから去ることを脱モと言うのだ。


これまでにも何人かの知人が日本や海外から来モした。
そしてついに今回日本から実の家族が来モしたのだ。


サッカー界のスパースター、C.ロナウド。
テニス界のスターらしき人物(名前は忘れた)。
年末年始は各国のスター級人物がモルディブに集う。
そんなスターたちに紛れて家族がやってきた。


家族とは約1年半ぶりの再会だ。
今回は俺の任地を訪れるだけの超ローカルな旅。


モルディブといったら世界でも有名なリゾート大国だ。
でもそこには家があり、人々が暮らしている。
世間にはあまり知られないこの国の裏側を見せたかったのだ。


今回家族がモルディブに滞在したのは1週間。
ちょっぴり辛い食べ物に、クソ甘い飲み物。
島から首都に帰った時に「もうモルディブ料理はいい」。
そう家族が言ったのがとても印象的だった。


「家族来てるんでしょ?」
「みんな連れて家にご飯食べに来なさい。」


島に滞在中何軒の家でご飯を食べただろう。
最後の日の夜のはしごは相当きつかったね。
あれは俺でも吐きそうになったほどだった。
みんなの引きつった顔を見て「すまん」と思ったよ。
それでも全ての誘いに付いて来てくれてありがとう。
これが親孝行ならぬ島孝行だ。
家族が島に来てくれて島の皆は相当喜んでいたよ。


「家族元気?」
「家族はもう日本に帰ったの?」
「家族次はいつ来るの?」


今でも島では家族フィーバーが継続中だ。


いつでも食事やお茶に招待してくれる彼らのおもてなし精神。
何件も重なるとちょっとキツイけど、なかなかステキでしょ。
彼らの優しさのおかげで俺は食に困ることなく生きてるよ。


遠くからでも声をかけてくれる島人たちのフレンドリーさ。
たまにうっとうしいけど、何だか癒やされるでしょ。
そんな彼らのおかげで俺は毎日楽しく生きてるよ。


少し歩いただけで反対側の海が見えたよね。
そんな島の小ささに少し驚いたことだろう。
でもその島に家があって学校があって皆生活しているのだよ。
カラオケやボーリング、日本のように娯楽は無いし。
お金だってみんなそんなに持ってないと思う。



でも娯楽もお金もこの島にはそんなに必要ないんだと思うんだ。


彼らの生活を見ていたらなんかそう感じるよね。
近所どころか島全体が仲良くて人と人の距離感が近いよね。
夕方には外で子ども達が走りまわっているし。
夜には満天の星空が見えたね。(家族は流れ星に興奮)
東京ではあまり見られない光景が沢山あったでしょ。


日本には日本のモルディブにはモルディブの良さがある。
だからどこが良いとは一概には言えないけど。
「へぇー、こんなところもあるんだ」って発見も悪くないよね。
それが視野を広げるってことなのかもしれない。


学生時代離島研究会に所属していたという父。
そんな父の目にこの島はどう映っただろうか。
島では毎晩のようにじんましんが出ていた母。
そんな母はモルディブ料理を食べてどう感じただろうか。
将来保育士になるために専門学校に通う妹。
そんな妹の目にモルディブの子どもたちはどう映っただろうか。
今回モルディブに来ることの出来なかった2つ年上の兄貴。
家族が撮ったモルディブの写真を見てどう思っただろうか。


P1010185.jpg

P1010566.jpg

P1010623.jpg

P1010790.jpg


今回は本当にわざわざ遠いところまで来てくれてありがとう。
今度は半年後に日本で会いましょう。


その時はもちろんモルディブ料理ではなく日本食を食べながら。
モルディブでの思い出話をしようじゃないか。


最後に、流行の最先端を生きる19歳の妹よ。
モルディブという国はどうだったかい?
異国の地で暮らす兄貴はどうだったかい?


「変な物を飲んで変な物を食べてた。しかも手で。」
「変な言葉を話してモルディブ人みたくなってた。」


学校の友達にでも地元の友達にでも好きなように言うがよい。
でもその前に俺からステキなお知らせをしておこう。


「妹日本で何してんの?」
「学生だよ。」
「何の勉強してんの?」
「保育士になるための勉強だよ。」
「じゃ、将来はこの島で働いてもらわなきゃ。」
「いいねーそれ。妹に言っておくわ。」
「よろしくねー。」


ということで、めでたくお前の就職先が決まったぞ。
この島の保育園だ。今って就職難なんだろ?
よかったな。跳んで喜ぶがよい。


心配すんな。日本から日本食を沢山送ってやるから。


あっ、サングラスと日焼け止めは忘れずに持ってけよー。


コメントの投稿

Secret

久しぶりー

家族良かったねー
なんかブログ見てて、胸に来た
明日は修論発表会で
2月からは40日間一人で会社の研修で
中国に行ってくるよー
なーーーんも分かんないけど
楽しんでくる♪
早く翔太に会いたいわー

たつひこ

お世話になりました。

中学生レベルの英語と変な言葉を話す日本人3人
モルディブの人達は、どんな風に感じたののだろうか?
シュクリヤ~(ありがとう)
ミ~ル(おいしい)
サリ~(かわいいい)
覚えた3つのディベヒ語を連呼する日本人

島の人達は、みんなやさしかった。
子供達もみんなかわいい!!
満天の星空…マンタが泳いでいるきれいな海・・無人島の
ピクニック。モルディブ料理・すぐに砂だらけになったり、水がでなくなったりする翔太の家・子供達が勝手に入ってくつろいでいる翔太の家。
忘れないよ。

島を歩けばみんなSHOTA~と声を掛けてくる
島の人達に愛されているんだな~と思いました。
安心しました。
ディベヒ語をスラスラ?と話している翔太に感動!!

あと半年だね。 がんばれ!!!
おいしいご飯作って待ってるよ。

                    

来モ来ボリ

ほんとに、自分の家族に活動を見てもらえるだけで、
HP1000はアップするよねー。
家族みんなでの訪問、ええなあ。鳥屋部家5人で来ボリ。
高山で5人の高山病患者続出・・・・
考えただけでも恐ろしい・・・・・
あ、あけおめ。あと5ヶ月だ!!

ひさしぶり☆
大変なこともあると思うけど、翔大らしくいきいきしてて良かった!
家族にも見てもらえて良かったね☆
これからも色んなものを見て、色んなものを感じてね♪

しょーた、マジかっこいいわ。この日のブログすごい気持ちがこもってる。
金払えるくらいの素晴らしい内容だわ。
帰ってきたら飲もうな。
俺は9月から世界一周に旅立ちます。

>たつ 
修論発表、中国研修どうだったかな?帰って話を聞くのが楽しみだー。

>家族
先日、無事退院し島に戻ってきました。

>チョリータ鳥屋部
家族は来ボリしないのー?絶対来てもらったほうが良いよー。

>まりこ
久しぶり。家族はモルディブを楽しんでくれたみたいです。残り4ヵ月俺らしく?楽しむよー。

>いとーゆーた
世界一周かー。いいなー。俺も付いていきたいなー。帰ったら話しよーぜ!
2011年ブログ訪問者数。
       
We are 青年海外協力隊!同期のブログ。
帰国カウントダウン。
FC2ブログ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。